穴が2つのチェコビーズ ツインビーズ どうやって使う?
2012年にチェコで新たに開発された「ツインビーズ」はもうご存知ですか?
2006年に新発売されて、あっという間に人気者となった「ファルファーレ」に続いてリリースされた、待望の新型ビーズです。

「ツイン=対をなす」の名前の通り、穴が2つ開いたビーズです。
横から見ると中央がわずかに膨らんだ、お米のような形。

このフォルムと2つの穴を利用して、どんなことができるでしょうか?
無料公開の6点のレシピを通じて、ぜひ使い方を研究してみてください。


ツインビーズレシピ
ツインビーズのボーンブレスレット
ツインビーズを横から見た「ライス型」を活かしてビーズステッチで編むブレスレット。 魚の骨のような編み上がりですが、「ヘリンボーンステッチ」よりも簡単。



ツインビーズのボーンブレスレット
テグスで段違いに編む「ボール」をトップに、個性的に仕上げたネックレス。
ボールはビーズの配置で柄を変えられるので、新しい柄を考えてみて。

ツインビーズのボーンブレスレット
テグスで編むツインビーズの「ボール」は、まるで手鞠のよう。
着物に合わせて配色して、七五三の髪飾りにいかが?



ツインビーズのボーンブレスレット
円に編んで行くペヨーテステッチ「ペヨーテサーキュラー」のピアス。
デリカビーズの配色次第でガラっと印象が変わります。

ツインビーズのボーンブレスレット
ツインビーズが斜めのラインに並ぶように編んでいくリング。
アーム部分は基本的なペヨーテステッチです。



ツインビーズのボーンブレスレット
メタルパーツに合わせてツインビーズでも吉祥結びのモチーフを編んだ、ねじり結びのブレスレット。
長さは自分のサイズに合わせて調整できます。


[an error occurred while processing this directive]