好きな物をミールに閉じ込めて、固めるだけでオリジナルのチャームが作れる「UVレジン液」が今人気!古い切手を組み合わせれば、アンティークで可愛いアクセサリーが作れます。
 
UVレジンってなに??
答え

「UVレジン」とは一言で「紫外線硬化樹脂」のこと。紫外線を当てると固まる樹脂のことです。

レジン(樹脂)にはさまざまな種類がありますが、この「UVクラフトレジン液」は、1液タイプで扱いやすく、硬化も早いので誰でも簡単にオリジナルアクセサリーを作ることができる優れもの。


どうやって固めるの?
答え

固める方法は2つあります。


【UVランプ】
一番早く固めるには、「UVランプ」を当てること。
ジェルネイルでよく仕様される、市販のUVランプを3分〜6分程度(時間はサイズやランプの制度により異なります)当てることで、さっと固めることができます。

【太陽光】
紫外線で硬化するため、太陽光でも固めることができます。
硬化時間は15分から50分程度。こちらも、紫外線の強さによって異なるため、季節や天候で変わります。

UVレジンクラフト液

オリジナルチャームの作り方
※古切手は紙のため、レジン液がしみ込み表面に色むらができることがあります。トールペイントなどで使う下地材「シーラー」 を塗ると仕上がりがきれいです。ビーズX-SENSEではシーラーのお取り扱いはありませんので、専門店にお訪ねください。



作り方
切手をセッティングのサイズに合わせて切る。セッティングの周りを鉛筆などでなぞり、枠線を描く。 線に沿ってていねいにハサミで切る。 セッティングに切手を入れる。お好みで、メタルパーツやビーズを入れても良い。 UVレジン液を流し込む。ゆっくり流し込むと、気泡が入りにくい。
写真は気泡が入ってしまった状態。 中に気泡が入った場合は、目打ちや爪楊枝で刺して取り除いておく。 UVライトを当て、硬化させる。3分〜5分で硬化する。(硬化時間は液の量やライトの性能により異なりますので、様子を見ながら硬化させてください) 目打ちや爪楊枝で表面の目立たない部分をつつき、固まったか確認する。
硬化中に、表面に凹凸ができてしまった場合は、上から薄くUVレジン液を塗り重ね、再度硬化させるときれいに仕上がる。 完成したチャームに、天然石やビーズをつないで、自分だけのアクセサリーに!



UVレジンチャームのアソートレシピ
クリソプレーズの古切手ペンダントインプレッションストーンの古切手ペンダントイエローフラワーの古切手ペンダント
レシピを見る
レシピを見る
レシピを見る


UVレジンおすすめパーツセッティング
ミール皿1ミール皿2ミール皿3ミール皿4ミール皿5
ミール皿6ミール皿7ミール皿8フレームイタリア製ミール皿2カン
イタリア製ミール皿ペンダントイタリア製ミール皿リングリールキーバッグハンガー
フラワーモチーフ
フィモローズアクリルカボション ダリアアクリルカボション ガーベラアクリルカボション ローズアクリルカボション フラワー
チャーム
クロスキー時計クローバーきのこ


[an error occurred while processing this directive]
アロマUVレジン液 UVアロマレジン液を購入する